膣がゆるんでしまう原因とビビーブが向いている人を確認してみましょう

女性のお悩み相談室

膣がゆるんでしまう原因ベスト5を見てみよう

no.1

出産の経験

ゆるみの原因として特に挙げられるのが出産経験になります。出産を行なう際に産道である膣は一旦大きく引き伸ばされます。その結果として、膣のゆるみが発生してしまいます。出産時に赤ちゃんが大きいほど引き伸ばされる程度も強くなります。

no.2

加齢による筋力の低下

年齢とともに肌のたるみが気になると同時に、加齢によってたるみは全身に発生してしまいます。全身の筋肉量が減少して、コラーゲンが減っていくことで膣もゆるくなるでしょう。また、子宮が下がるのも原因で、尿漏れにも繋がってしまいます。

no.3

女性ホルモンの減少

加齢がもたらす影響として、他にも女性ホルモンの減少があります。女性ホルモンが低下することで、膣壁の血管が細くなり、ゆるみの原因として考えられます。また、弾力性のある粘膜も減少してしまうため、膣壁の弾力も失われてゆるんでしまいます。

no.4

肥満体質の人

お腹周辺に脂肪が多くついている場合で特に内臓脂肪が多い人は、内臓を支えるための骨盤底筋が常に重たいものを持っている状態になります。この骨盤底筋の負担が大きければ大きいほど、膣のゆるみに関係していきます。また、腹筋が弱い人も注意です。

no.5

姿勢の悪さ

日常生活で姿勢が悪い人は、お尻や膣の筋肉量が減少してしまう傾向があります。筋肉量が少ない場合ですと、膣がゆるんでしまいやすくなります。筋肉は使用しなければ、次第に衰えやすくなるものなので、膣のゆるみにも関係していくでしょう。

こんな方におすすめ

膣トレが続かない・効果が出ない人

自宅で簡単に行なえる膣の引き締め方法で人気の膣トレですが、効果を実感するためには継続して行なう必要があります。そこで、膣トレが続かない、いまいち効果が現れない人には高周波である施術法のビビーブを行なってみると良いですよ。コラーゲンを増加させることで、すぐに膣の引き締め効果を感じることが出来るでしょう。

手術をする程度ではないと診断された人

婦人科形成クリニックに行くと、カウンセリングや検査などを行ないます。そこで、医師から女性器の形状的には問題がないと診断された場合でも、膣のゆるみがどうしても気になってしまう人にはビビーブがおすすめです。膣壁の細胞を活性化することができ、効果を期待することができますよ。

外科的な手術に抵抗を感じる人

パートナーに膣のゆるさを指摘されてしまったり、または相手の反応が気になってしまったり、自分自身が満足することはなくなった女性も多くいるでしょう。また、手術と聞くと思いとどまることがあります。しかし、ビビーブは外科的手術ではないので、メスを使用しませんし腫れや痛み、出血もありません。そのため、安心して受けることができますよ。

広告募集中